347-0062 埼玉県加須市睦町1-7-8  (不定休)
営業時間15:00〜21:00 TEL/FAX 0480-61-1000
制作履歴
スティード400
[閲覧 8083]
2009/03/20 14:51:36

各所手が入ってます。

詳細は書ききれませんが、お客様の好みにフレームを仕上げました。もうちょっと寝かせれば良かったかな?・・・と本人は乗ってから気づいたようです。

スタイルを最優先した結果なので彼は後悔などしていません。まだ先を見据えています。

日時:2007/04/01(日) 18:44

 

Honda STEED

過去に掲載していた特設ページの内容をここに記します

 

派手な外観に目が行くが、実はスイングアーム廻りの加工が肝。

スティードはローダウンするとアームのパイプが寝てしまい、シート下のフレームとの,

ラインがずれて,腰折れみたいになってしまいます。ただでさえオーナーさんの要望でネックをカチ上げた場合、どうしてもシート前で一度腰をおります。ノーマルのままだとシートの下でさらにもう一度折れてしまうんです。

 

それを克服したのが、スイングアームの上下を一度切り離し,角度を2インチほど急にして、真っ直ぐに下りてきたシート下のフレームと,見た目で一直線になる手法です。リジットフレームにしなくても、一体感ができます。ショートサスもOKです

 

Custom Spec

 

  • ワンオフハンドルバー
  • 50センチロングフォークジョイント
  • フレームストレッチ
  • ネック角度変更
  • ナロースポーツスタータンク
  • サーモ移設
  • ワンオフK&Qシート
  • ワンオフCCバー
  • 細めステンレスショットガンマフラー
  • SUキャブ
  • フリスコスタイルフットコントロール
  • キャンディーフレークライン塗装
  • スイングアーム
  • シート下大手術

 








 

 

お気軽メールフォーム - このページに関するご質問、ご感想などあればぜひお聞かせ下さい。

名前(必須)
メールアドレス(必須)
内容(必須)
本文(必須)
 
投稿記事掲載画像 ランダム表示 - (クリックすると画像の掲載元記事画面を表示します)
XL250 1979年式 バルカンクラシック400 JOG−ZR ホンダ フリーウェイ250 マグナ250 CB500T 1976年式 イナズマ 1200 作ったり、塗ったり、修理したり・・・ あ〜久しぶりっす 連休中はほぼ営業いたします(タンク加工@)〜 リジットフレーム製作過程 完成〜 さらに続きB〜 W3去ってW1 ON THE LIFTの練習 思ったよりは キャリパーオーバーホール 写メの選択を間違えた? ツーリング先 オンザリフト 外注 寒い 復活願う 塗装失敗 スプレーガンがいっぱい! 寂しいが充実 来年から・・・ではなく今年から いろんなホースや配線
お気軽にどうぞ〜 お電話・メールでのお問合せはこちら このページの一番上へ