347-0062 埼玉県加須市睦町1-7-8  (不定休)
営業時間15:00〜21:00 TEL/FAX 0480-61-1000
制作履歴
スティード400
[閲覧 8840]
2009/03/20 14:51:36

各所手が入ってます。

詳細は書ききれませんが、お客様の好みにフレームを仕上げました。もうちょっと寝かせれば良かったかな?・・・と本人は乗ってから気づいたようです。

スタイルを最優先した結果なので彼は後悔などしていません。まだ先を見据えています。

日時:2007/04/01(日) 18:44

 

Honda STEED

過去に掲載していた特設ページの内容をここに記します

 

派手な外観に目が行くが、実はスイングアーム廻りの加工が肝。

スティードはローダウンするとアームのパイプが寝てしまい、シート下のフレームとの,

ラインがずれて,腰折れみたいになってしまいます。ただでさえオーナーさんの要望でネックをカチ上げた場合、どうしてもシート前で一度腰をおります。ノーマルのままだとシートの下でさらにもう一度折れてしまうんです。

 

それを克服したのが、スイングアームの上下を一度切り離し,角度を2インチほど急にして、真っ直ぐに下りてきたシート下のフレームと,見た目で一直線になる手法です。リジットフレームにしなくても、一体感ができます。ショートサスもOKです

 

Custom Spec

 

  • ワンオフハンドルバー
  • 50センチロングフォークジョイント
  • フレームストレッチ
  • ネック角度変更
  • ナロースポーツスタータンク
  • サーモ移設
  • ワンオフK&Qシート
  • ワンオフCCバー
  • 細めステンレスショットガンマフラー
  • SUキャブ
  • フリスコスタイルフットコントロール
  • キャンディーフレークライン塗装
  • スイングアーム
  • シート下大手術

 








 

 

お気軽メールフォーム - このページに関するご質問、ご感想などあればぜひお聞かせ下さい。

名前(必須)
メールアドレス(必須)
内容(必須)
本文(必須)
 
投稿記事掲載画像 ランダム表示 - (クリックすると画像の掲載元記事画面を表示します)
DS400 バルカン2000 ショベル バルカン400 マグナ50 ゼファー1100 ヤマハ GX250 1978年式 その後〜 リジットフレーム製作過程 レフトサイドに見所を マフラーとハンドル アスクル部 じっくりと・・・ またまたマイペースに〜 地味 写真館 振り返る時期ですよね 写真館 あまり食欲が・・・ 猫ちゃんに癒され 自信 写真館 メーターステー ロードスター1600 天気が不安定な季節は好きです。 写真館 お正月休み〜 魚群探知機に大物が映ったような・・・
お気軽にどうぞ〜 お電話・メールでのお問合せはこちら このページの一番上へ